豊中市でインプラント治療を行うなら、北大阪インプラントセンター(クローバー歯科クリニック豊中駅前院・豊中本町院)

クローバー歯科クリニックでインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

クローバー歯科クリニックでインプラント

インプラント治療前のCT撮影を含む検査無料で受けられます。

豊中市でインプラント治療を行うなら、北大阪インプラントセンター(クローバー歯科クリニック豊中駅前院・豊中本町院)

名称: クローバー歯科クリニック 豊中駅前院/豊中本町院

院長名: 松本康裕

郵便番号: 560-0026

所在地: 大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレ豊中

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 大阪 豊中市

豊中市でインプラント治療を行うなら、北大阪インプラントセンター(クローバー歯科クリニック豊中駅前院・豊中本町院)

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してくださいね。



最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいますね。



歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。



人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプなんですね。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものなんです。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。



患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事なんです。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してくださいね。重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題なんです。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。



でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療可能になっていますね。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。


様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思いますね。

クローバー歯科クリニックでインプラント クローバー歯科クリニックでインプラント

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。



でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見なんですね。



そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることなんですね。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。



数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要なんです。



我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。


また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してくださいね。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをしますね。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためなんです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

クローバー歯科クリニックでインプラント クローバー歯科クリニックでインプラント 自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてくださいね。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのなんですね。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通なんです。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。


全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方なんですね。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してくださいね。
もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのなんです。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点なんですね。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのなんですね。


それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。



ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適なんですね。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきなんですね。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすのが無難なんですね。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は当分控えてくださいね。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。